ワイン概論

ワイン概論


ぶどうの栽培



■ぶどうの育成サイクル     ・ぶどうは蔓性の多年性植物
  ・秋の収穫後に落葉し休眠期に入る。
  ・一般的に気温が10度程度まで上がると樹部の活動が開始。
  
  ・育成サイクル   休眠→萌芽(De'bourrement)→展葉(Feuillaison)→花穂→開花(Floraison)
  →結実→果実肥大→着色(Ve'raison)→成熟(Maturite')→収穫(Vandange)
 

■ぶどうについて

   果肉→酸(酒石酸・リンゴ酸・クエン酸 ←ぶどう由来の酸)と糖分(ぶどう糖)を含む
  
  果皮→色素・タンニン (アントシアニン類、フラボノイド、リスベラトール(約1%)
  
  ☆種子の間に一番多く酸を含む

 


>>CHECK POINT

 基本的な育成サイクルは要チェック 葡萄の断面図からの問題も過去問題にありました。
 酸の多い部分やタンニンの多い部分などチェックしておきましょう。