ワイン概論

ワイン概論


ぶどうの病害




  ■かび類


   ・☆べト病(Mildiou ミルデュ)

   1878年ヨーロッパで発見 湿度の高い地域で繁殖
     花や葉、果実に白いカビ上の胞子が付き落花、落葉、落果
   対策→ボルドー液=(硫酸銅+生石灰+水)の混合溶液の散布

    ・☆灰色カビ病(Pourriture grise プリチュール グリース)

   ボトリティス・シネレア菌が湿度の高い環境で灰褐色のカビで覆う。
   対策→イプロジオン水和剤 このカビは貴腐ワインの際のカビとも同様で
   完熟ブドウにつくと内部水分を蒸発させ干しブドウ状態にする。

    ・☆ウドンコ病(Oidium オイディウム)

   北アメリカで初めて発生し、1850年にヨーロッパに広まる。
   生育中のブドウの果皮が白い粉状の胞子で覆われてしまう。
   果肉は成長を続けるのでブドウの果粒が裂かれ、腐敗の原因となる。
   対策→開花時に硫黄を含んだ農薬を散布する。

    ・☆晩腐病(Ripe rot ライプロット)

   収穫時のブドウ果実を侵し腐敗させる病害。日本ではブドウ被害中最大。
   対策→休眠期にベンレート(ベノミル剤)などを散布
   
  ■ウィルス
   
   リーフロール(葉巻病)フレック、コーキーバークなどが有名。
   ピアス病は最近による病害
   
  ■害虫
  
   ☆フィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)
   1859年に学名がつけられたアブラムシ 大きさは1ミリ程度
   増殖力が高く1匹が1ヶ月で12,000匹に…
   アメリカ産ブドウの樹の台木にヨーロッパ種を接木。


 


>>CHECK POINT

各病害の特徴と対策を覚えておきましょう!!