シェリー

シェリー




 シェリー(Jerez-Xeres-Sherry y Manzanilla-Sanlucar de Barrameda)
 
 シェリーはイベリア半島最南端のカディス県のヘレス・デ・ラ・フロンテラの町を中心とし、その周辺地区
 から産出する酒精強化ワインである。
 
 
 ★ヘレス・デ・ラ・フロンテラ、★サンルカール・デ・バラメーダ、
 ★エル・プエルト・デ・サンタ・マリアの 三つの町を結ぶ三角地帯が第一級のシェリーを産出する。
 
 ブドウ畑は海抜0から150mまでの高さの土地にあり、気候は暑いが大西洋の風で温度はやわらげられる。
 ★アルバリサと呼ばれる土壌は石灰を多く含み、春の雨をセメントカバーのように蓄えぶどうの熟す
 暑い季節に 根に返す。
 
 ぶどう品種は パロミノ種とペドロ・ヒメネス種でフィノとオロロソのベースワインとなる。
 
 このベースワインが★フロールと呼ばれる産膜酵母を発達させ、フィノ・シェリーにユニークな
 キャラクターを与える。
 
 ★ソレラ・システム
 
 醗酵が終了するとクリアデラと呼ばれる熟成庫に送られ、地面より高く、風通しのよい場所にいくつもの
 熟成用樽の列が3段、4段と積み上げられる。
 
 最下段の★ソレラが母親、その上の4段(★クリアデラ)が子供ということになる。
 
 一番上が古く、一番上が新しい。
 
 熟成ワインは一番下のソレラから1/3を取り出して、調合、アルコール調整して瓶詰めされる。
 
 ピラミッド上に積み重ねられた樽からは一番上からその下に、同様にその次の樽からその下の樽へ継ぎ足され
 一番下のソレラにたどり着く。
 
 各段階で古いワインと若いワインが混ぜられるたびに、特徴がブレンドされ均質なワインに仕上がっていく。
 
 少なくとも3年は熟成されるが、現在使われているソレラの中にはクリアデラと共に19席世紀に造られた
 ワインもある。最高級のソレラであれば100年以上前に醸造されたワインを含んでいる事になる。
 
 参照URL http://www.sherry-japan.com/page/create/aging.htm (シェリージャパン.COM参照)
 
 すべてのシェリーはアルコールが強化されフィノ、マンサリーニャ、アモンティリャードの場合15度から
 15.5度、オロロソでは17.5度である。シェリーは通常辛口であるが、甘口のものにはペドロ・ヒメネスなど
 の甘口ワインが添加される。
 


    ★シェリーの種類
 
 ・Fino(フィノ)
  軽く、色は薄い、すっきりとドライ。生産地はヘレスとプエルト・デ・サンタ・マリア
 
 ・Manzanilla(マンサニーリャ) 
  サンルーカ・デ・バラメーダで造られるフィノの事をこう呼ぶ。海に近いため口に含むとやや塩気を感じる。
 
 ・Amontillado(アモンティリャード)
  フィノが古くなってフロールが死んでしまうと酸化する。ソレラで活性化させると琥珀色になり、
  ナッツのような香りと味になる。
 
 ・Oloroso(オロロソ)
   フロールが発達しなかったワインにアルコールを強化し、酸化させて強烈な香りとデリケートなコク
  深みを持たせたもの。金色、辛口。
            

   おすすめ関連書籍  『シェリー・ポート・マディラの本』  http://www.sommeliershiken.com/book/winebook2.html