カヴァ(Cava)

カヴァ(Cava)




 カヴァ(Cava) 1959年認定
 
 カヴァはVECPRD(Vino Espumoso de Calidad Producido en una Region Deterrminada)
 『特定地域で生産される、良質の発泡性ワイン』と定義されている。
 
 ★産地とぶどう品種が規定され、さらに二次醗酵を瓶内で行う、トラディショナル方式で造られる。
 二次醗酵から口抜きまで最低9ヶ月の熟成が義務付けられている。
 
 二次醗酵から滓引きまでの期間が30ヶ月を超えるものを、カヴァ・グラン・レゼルバとすると規定されている。
 
 
 生産量の90%がペネデスを中心とする。カタルーニャ州が占めている。
 そのうち、サン・サドゥルニ・デ・ノヤが75%。
 
 通常3種類のぶどうから造られ、その組み合わせが魅力的なワインをつくる。
 
 ★マカベオ=ヴィウラ(フルーティさと爽やかさ)
 ★パレリャーダ(花のような香り)、
 ★チャレッロ(アルコールと酸味)
 
 極少しのマルバジア、シャルドネ、赤ワイン用のモナストレル、ガルナッチャも使用される。
 
 150kgのぶどうから100リットルの搾汁を得る。