スペインの主なブドウ品種

スペインの主なブドウ品種


白ぶどう
Airen(アイレン)  ラ・マンチャ 白 生産量NO.1
Palomino(パロミノ) ヘレス、カディス、バリャドリド (シェリー
Pedro Ximenez(ペドロ・ヒメネス) カディス、コルドバ (シェリー)
Verdejo(ヴェルデェホ) カスティーリャ・レオン
Macabeo(マカベオ) Viura ヴィウラ スペイン各地 (カヴァ)
Xarel-Lo(チャレッロ) カタルーニャ (カヴァ)
Parellada(パレリャーダ) カタルーニャ (カヴァ)
Moscatel(モスカテル) バレンシア、マラガ
Albillo(アルビーリョ) ブルゴス、マドリード
Albarino(アルバリーニョ) ガリシア、リアスバイシャス 白 辛口
Torrontes(トロンテス) ガリシア
Garnacha Blanca(ガルナッチャ・ブランカ) タラゴナ、アラゴン
Merseguera(メルセゲラ) バレンシア、アリカンテ、イエクラ
Ondarrai Zuri(オンダラビ・スリ) Hondarrabi バスク
Godello(ゴデーリョ) カスティーリャ・レオン、ガリシア
他、ソービニヨンブラン、シャルドネ
 
 ★アイレンはスペインで最も収穫量の多いぶどうで主にラ・マンチャで生産されている。
 
 ★パロミノはスペイン全土で生産されているが、特にアンダルシア地方のヘレスでシェリーの原料として、
 なくてはならないものである。
 
 ★ペドロ・ヒメネスは甘口シェリーの原料ぶどうとして知られており、ヘレス、マラガ、モンティリャ・モリレスで
 生産されている。
 
 ★パレリャーダはカタルーニャを中心に栽培されており、主にカヴァの原料として知られている。
 
 ★ヴェルデホはスペイン産の白ぶどう品種として優れた力を発揮し、なめらかで腰の強いワインを作り出す。
 
 ★マカベオはヴィウラとも呼ばれ、チャレッロ、パレリャーダと共にカヴァの原料として有名。リオハ、タラゴナ、
 サラゴサなどで多く栽培されている。
黒ぶどう
Garnacha Tinta(ガルナッチャ・ティンタ) リオハ、ナーナラ 黒 生産量NO.1
Carinena(カリニェナ) =Mazuelo マスエロ アラゴン、カタルーニャ、リオハ
Graciano(グラシアノ) リオハ、ナーバラ
Tempranillo(テンプラニーニョ) アラバ、リオハ、ナーバラなど 別名覚えましょう!
Bobal(ボバル) バレンシア、アルバセテ
Mant Negro(マントネグロ) バレアレス諸島
Mensia(メンシア) カスティーリャ・レオン、ガリシア
Monastrell(モナストレル) =Mourvedre ムルシア、アリカンテ、バレンシア
Moristel(モリステル) アラゴン
Ondarrabi Beltza(オンダラビ・ベルツァ) バスク
他、カベルネソービニヨン、メルロ、ピノ・ノワール、マルベック、カベルネフランなど
 
 ★黒ぶどうではガルナッチャ・ティンタはスペインで最も多く栽培されている黒ぶどうで、リオハ、ナーバラ
 を始めスペイン北部から中央部にかけて多く栽培されている。
 
 カリニェナはマスエロとも呼ばれ、ガルナッチャ・ティンタとブレンドされることにより真価を発揮する。
 
 ★テンプラニーリョ別名
 
 カタルーニャ→ウル・デ・リェブレ オホ・デ・リェブレ
 ラ・マンチャ→センシベル
 カスティーリャ・レオン→ティント・フィノ ティント・デル・パイス
 サモーラ→ティンタ・デ・トロ
 マドリード→ティント・デ・マドリード