コート・デュ・ローヌ

コート・デュ・ローヌ概要



  フランス南東部、ヴィエンヌからアヴィヨンまで
  南北約200kmに渡るローヌ川の両岸に
  コート・デュ・ローヌのぶどう畑が広がる。
  南北2つの地域に分けられ、北部は湿気の多い
  大陸性気候で土壌は花崗岩質、または片岩質土壌。
  南部は雨の少ない地中海性気候で、タヴェル村の
  あるローヌ川右岸は小石や砂の混じった石灰質の砂岩土壌。
  かつてローマ法王の居住地であった
  アウマニアン近郊にある☆シャトー・ヌフ・デュ・パプがある左岸では
  大きな石ころに覆われた砂と砂岩質の土壌。
  産出するワインは全体の92%が赤ワイン。



>>CHECK POINT
セプタントリオナル Septentrional(北部地区)とメリディオナル Meridional(南部地域)に
大きく分かれる。多彩なぶどう品種の南部には有名なシャトーヌフデュパープがある。