ポルトガル

ポルトガル 概略 歴史 風土


●概略 歴史 風土
 
  ポルトガルのワイン法として1756年に制定された世界で最初の原産地管理法をもとに
  D.O.がありさらに現在は指定地域優良ワイン(V.Q.P.R.D)として高級ワインの産地を
  指定するようになった。V.Q.P.R.DはさらにD.O.CとI.P.Rに分けれら、それ以外には
  ヴィニョ・デ・メサと呼ばれるワインがある。
  
  気候としては高温多湿、太陽に恵まれた土地でもあるが雨量も多い。
  代表するワインはやはりポートワインである。
  マディラ島で生産される酒精強化ワインも有名でシェリーと共に三大酒精強化ワインと称される。
  
  ポルトガルのワインの歴史は紀元前500年から600年頃に始まっている。
  フェニキア人によりブドウ栽培が始められるがイスラム教徒ムーア派の占領により8世紀〜11世紀
  の間、空白の期間がある。12世紀にスペインから独立してからもワイン作りは行われ、伝統的な栽培方法や
  醸造法を元に近代技術をとりいれ、ポルトガルの固有のワインを造り上げている。