ラングドック・ルーション

ラングドック・ルーション概要



 フランスでは一番広いワイン生産地帯で全面積の1/5がぶどう畑。
 Vin de Naturel(VDN)で知られる優れたAOCを産出する。
 
 
 Vin de Naturel(VDN)天然甘味ワイン
 
 ぶどうの発行中にアルコールを添加し、醗酵を停止させる。したがって天然の糖分がワインの中に多く
 残る為に甘口となる。このようにアルコールを添加して醗酵を停止させることを
 Mutage(ミュタージュ)と言う。
 
 Rancio
 
 太陽にさらした樽の中で長期熟成による一種の酸化作用の影響で、特有の色と風味を持たせる。
 このブーケをランシオの香りといい、シェリーやマデラまたは、長い熟成を経たアルマニャック
 などにも認められる。
 
 
 Vin de Liqueur(VDL)
 
 未醗酵のぶどう果汁にアルコールを添加し醗酵を停止した上で、樽にて熟成させる。
 添加するものはオー・ド・ヴィーやマール、またはコニャックやアルマニャックなど
 地方によって異なる。