地形からくるワインのタイプ

地形からくるワインのタイプ



■山麓地帯のワイン
 
 ヴァッレ・ダオスタ、ピエモンテ、ロンバルディーア、トレンティーノ・アルト・アディジェ
 ヴェネト、フリウーリ・ヴェネツィア・ジューリア
 
 イタリアで最も冷涼な地域にあり、山脈に囲まれた西側は涼しく、東側はアドリア海の影響でやや温暖。
 これらのワインは果実の風味に富み、
 
 ★中程度あるいは中の上程度のボディーをもち、中には長期熟成型の重いタイプの赤ワインもある。
 白ワインはフルーティーでやや酸が優っているものが多い。
 
 ■中部のワイン
 
 エミーリア・ロマーニャ
 この地帯のワインは新鮮で、程よいアルコール度、比較的かるい構成をその特徴としている。
 ブドウ畑は低い丘陵地が多く、★全体的にバランスの取れたワインが多い。
 
 総体的にフルーティーで早飲みタイプ
 
 ■ティレニア海(ブーツで言うとスネ側)沿岸地帯のワイン
 
 リグーリア、トスカーナ、ウンブリア、ラツィオ、カンパーニャ、バジリカータ、カラーブリア
 
 西はティレニア海に及び、東はアペニン山脈の分水嶺にさえぎられる平野、丘陵地地帯のブドウ畑
 ワインは中程度の構成で平野か丘陵地によって多少の差がある。
 
 ★特徴は果実の風味に富む中程度の寿命で、アルコールと酸のバランスがよい
 
 
 ■アドリア海沿岸地帯のワイン
 
 マルケ、アブルッツォ、モリーゼ、プーリア
 
 この地帯のワインは中の下か中程度の構成をもち
 
 ★ややアルコールが高く、おとなしい酸が特徴であるが時間と共にバランスもよくなる。
 
 ■地中海沿岸のワイン
 
 シチーリア(つま先の先) サルディーニャ(スネの先)
 
 ★中の上程度の構成をもち、アルコールが高く、酸の柔らかなワインとなり寿命が長い。