ドイツ ワイン産地と特徴

Mosel-Saar-Ruwer モーゼル・ザール・ルーヴァー ベライヒ=6


   
Mosel-Saar-Ruwer モーゼル・ザール・ルーヴァー ベライヒ=6
 コンプレンツでライン川と合流するモーゼル川と、その支流ザールとルーヴァー川の三つの川の流域に 位置するぶどう産地。白の比率が高く90%以上を占め、そのうちリースリングが半分。 ベルンカステル地区は粘板岩質の急斜面で、その上にシーファーと呼ばれる、スレート状の石が 畑の表面を覆う特殊な土壌で、モーゼルワインを代表するフルーティーで芳醇なワインが産出される。 モーゼル川上流ではゼクトの主原料にもなるエルブリングが栽培されている。
地区名
Zell /Mosel
Bernkastel Erden  Teppchen(小さな階段)
Pralat(大司教)
Zeltingen Himmelreich(天国)
Sonnenuhr(日時計)
Wehlen Sonnenuhr(日時計)
Domprobst
(大聖堂司祭長)
Himmelreich(天国)
Bernkastel Doktor(医者)
Lay(岩)
Brauneberg Juffer-Sonneuhr
(乙女の日時計)
Piesport Goldtropfchen
(黄金のしずく)
Trittenheim Apotheke(薬局)
Klusserath Bruderschaft(兄弟分)
Trier St.Maximiner Kreuzberg
(聖マキシムの十字架山)
Ruwertal MaximinGrunhaus Abtsberg(修道院長の山)
Kasel Nies'chen(くしゃみ)
Eitelsbach Karthausserhofberg
(カルトハウス中庭)
Wiltingen ★Scharzhofberger
(シャルツホフの山)
Braune Kupp(褐色の円頂)
Ockfen Bockstein(雄山羊の石)
Ayl  Cupp(円頂)
Serrig Schloss Saafelser Schlossberg (シュロスベルク・ザール岩城の城山)