受験に必要な資格と経験

ソムリエ

【一般】
●第一次試験日において、ワイン及びアルコール飲料を提供する飲食サービス業を通算5年以上経験し、現在も従事し、協会が実施する資格試験に合格した方

【会員】※会員歴が3年以上の方
●第一次試験日において、ワイン及びアルコール飲料を提供する飲食サービス業を通算3年以上経験し、現在も従事し、協会が実施する資格試験に合格した協会会員

《注意事項》
@平成19年度より調理従事者が受験可能な資格はソムリエとなりました。
Aアルコール飲料を扱わない飲食サービス従事者は受験資格がありません。
B飲食サービス業の内容は、洋食にとどまらず、ワインおよびアルコール飲料、料理を提供するものが含まれます。

ワインアドバイザー

【一般】
●第一次試験日において、以下の業務経験が通算3年以上あり、現在も従事し、 協会が実施する資格試験に合格した方

【会員】※会員歴が2年以上の方
●第一次試験日において、以下の業務経験が通算2年以上あり、現在も従事し、 協会が実施する資格試験に合格した協会会員

≪業務経験≫
◎酒類製造及び販売、(コンサルタントなどの)流通業
◎アルコール飲料を含む飲食に関する専門学校や料理教室などの教育機関における講師

※調理従事者はソムリエまたはワインエキスパートのみ受験できます。

ワインエキスパート資格

●ワインの品質判定に的確なる見識をお持ちの20歳以上の方で、協会が実施する資格試験に合格した方
●職種、経験は不問
●ソムリエ、ワインアドバイザー職種に就かれていて、受験に必要な経験年数に満たない方



■注意事項
  ※いずれの資格も年齢20歳以上の方を対象 試験実施日において各呼称とも全ての条件を満たしている事
※詳しい受験資格については開催年の募集要項をご確認ください。
※ソムリエ、ワインアドバイザー共通