フランス概論

フランス概論


フランス歴史



メソポタミアからエジプト人、フェニキア人、ギリシャ人、ローマ人の手を経て
 フランスのマルセイユ(ガリア)にもたらされた。
 
 紀元一世紀 ローヌ川流域
 紀元二世紀 ブルゴーニュ・ボルドー 
 参照 http://www.sommeliershiken.com/winebasic/rekishi.html
 紀元三世紀 ロワール
 紀元四世紀 シャンパーニュ
 
 キリスト今日の布教とともにミサ用のワイン需要が広がりワインは急速に広がる。
 (ベネディクト派の修道院の働きが大きい)
 
 12世紀にはイギリスや北欧への輸出も始まる。
 
 ☆17世紀末から18世紀にかけてガラス瓶とコルクの使用法が発明され流通が拡大
 
 しかし1789年のフランス革命で一時勢いは停滞するするものの
 19世記に入ると産業改革により経済が大きく発展
 19世紀半ばには現在の2倍以上のぶどう畑があったといわれる。
 
 ☆19世紀後半 3度もぶどうの病禍に見舞われる。
 ・1855年から1856年 ウドンコ病
 ・1863年から19世紀末 フィロキセラ
 ・1878年から1880年のベト病
 参照http://www.sommeliershiken.com/winebasic/blight.html
 
 ☆1935年 虚偽ワインの規制と市場安定化を図るためフランス政府は
     原産地統制名称(AOC  Appellation d'Origine Controlee)法を制定
 


>>CHECK POINT

ガラス瓶とコルクの使用、病害による被害と対策、AOC法の制定は要チェックです・。