白カビタイプ チーズ

これが正真正銘のホンモノ、カマンベール AOC

もはや“世界で一番有名なチーズ”ともいえるのが「カマンベール」でしょう。 そのまろやかな味わいは世界中で愛されるようになり、今や世界各地で生産されるようになってきました。しかし、 正真正銘のカマンベールとは、フランスのノルマンディー地方で生産されて、AOC認定されているこの『カマンベール AOC』だけなのです。 その気候や風土が作り出す独特の美味しさ、プライドを持って古くからの製法を守り続けている生産者、どちらが欠けても本物のカマンベールとはいえないのです。

原産国 フランス 原産地方 ノルマンディ地方

濃厚さとバランスの良さを両立した、クータンセ

『クータンセ』は円筒形の白カビチーズで、原料のミルクに生クリームを添加して作られる “ダブルクリームタイプ”です。このため、固形分中の脂肪分は「60%」と、とてもクリーミーでリッチな味わいになっています。ふんわりとやわらかく、ほのかな甘味と酸味が感じられ、塩味は控えめ。白カビも薄っすらと付いているだけですので、カマンベールチーズよりもクセが無く食べやすい、ナチュラルチーズ初心者の方にオススメのチーズです。

原産国 フランス 原産地方 ノルマンディ地方 クータンセ

濃密なミルクの風味が嬉しい、ブリーエキストラ

カットすると、トロリと中から溶け出るくらいやわらかくクリーミー。 熟成が進んでいないものでは、まだ液体に近いようななめらかさが楽しめます。脂肪分が約60%と、 他のチーズと比べると高めになっているため、口に含んでみると濃厚なミルクの風味とチーズの旨みが広がるでしょう。 味自体は比較的クセが少なく、まだ白カビチーズに慣れていない方にも食べやすいのですが、その濃密な味わいから「乳製品が大好き」という方には特にオススメします。

原産国 フランス 原産地方 ノルマンディ地方

あっさりと素直な白カビチーズ、プチ ルフォン

フランス東部のフランシュ・コンテ地方で作られているカマンベールタイプのチーズ。 名前はフランシュ・コンテ地方にある“ルフォン”という、のんびりとした雰囲気の小さな観光の街の名前に由来しています。 このチーズは厚めの白カビに覆われていて、どことなく「マッシュルーム」のような匂いがします。 脂肪分は「55%」とやや高めですが、しつこいさは感じられず、あっさりとした味わいでとても食べやすい一品だといえるでしょう。

原産国 フランス 原産地方 フランシュ・コンテ地方

最新技術で驚くほど滑らか、パヴェ・ダフィノワ

チーズの熟成が進むと中身がトロトロになってきて、 まるでカスタードクリームのようになります。上部が少し凹んできたら、中身が流れ出すぐらいにまで熟成されたという食べ頃のサインです。 全体をナイフで切ったりせずに、上部をふたのように切り抜いて、そこからスプーンですくって食べてください。ミルクのおいしさが凝縮された 、極上の味わいが楽しめることでしょう。とても優しい味わいですので、合わせるワインは軽めの赤がオススメです。

原産国 フランス 原産地方

長い歴史のしっかりとした味わい、シャウルス

クリーミーな味わいと軽い酸味がおいしいこのチーズは 、やはり同じ産地であるシャンパーニュ地方の名物シャンパンと一緒に召し上がるのが一番です。 中の少し固めのところがシャンパンの泡でシュワシュワと、舌の上でまるで淡雪のように溶けていく感覚は、 他では味わえないものでしょう。また、甘みのあるドライフルーツとの相性も良いですので 、食べる時には干しぶどうなどを添えて食べるとよりおいしく召し上がれます。

原産国 フランス 原産地方 シャンパーニュ地方