白カビ系チーズ

ソフトでクリーミーな味わいの白かびチーズには上質で柔和な角のないこくのあるボルドーやブルゴーニュの辛口白ワイン、比較的軽めの赤から上質で中程度のこくを持ったしなやかな赤ワインがよくあいます。また同じ産地のシードルやカルバドスとも楽しめます。

>> 白カビ系チーズ 一覧

ウォッシュタイプ系チーズ

ウォッシュタイプは外皮を塩水やマール、カルバドスで洗って熟成させるので独特の香りがあり、中が柔らかく熟成してクリーミーなので力強く、こくのあるボディーの厚い上質なブルゴーニュやボルドーのサンテミリオンやポムロールの赤、またローヌ地方の男性的な赤ワインもよくあいます。

>> ウォッシュタイプ系チーズ 一覧

シェーヴル(山羊乳チーズ)

山羊のチーズは酸味が多くさっぱり系、辛口でフルーティーなロワールのムスカデ、サンセールの白、ブルゴーニュアリゴテやシノンの赤、プロバンスのワインとあいます。

>> シェーヴル系チーズ 一覧

青カビ系チーズ

青カビ系チーズはピリピリとした刺激があり、塩気も比較的ある味わいですので、ソーテルヌやバルサックなどの貴腐ワインやポートワインの甘さともバランスよくあいます。またローヌのシャトー・ヌフ・デュ・パプやコート・ロティ、ブルゴーニュの赤、ボルドーのグラーブなどもあいます。

>> 青カビ系チーズ 一覧

ハードタイプ・セミハードタイプのチーズ

圧搾の加圧したチーズは固い食感を楽しむ味わいの深いものが多いので、ジュラ・サヴォワ地方の赤・白・ロゼにあわす事が多い。代替ワインではシャルドネの熟成させた白やボルドーのしっかり目の白またはミディアムボディーの赤にあわせるとよいでしょう。

>> ハードタイプ・セミハードタイプ系チーズ 一覧

アソート 

チーズの本場フランスが誇る「A.O.Cチーズ」5種類を組み合わせた、本格志向のセットなど 、決して食べやすいばかりの味わいではありません。本格的なチーズが持つ独特の個性と旨味を味わうには最適ですので、チーズ通を目指す方はぜひお試しください。