ブルーチーズ

"イギリス代表"世界三大青カビチーズ、スティルトン

『ロックフォール』『ゴルゴンゾーラ』と並んで、世界三大青カビチーズに数えられるのが、このイギリス産の『スティルトン』です。「イギリスの食べ物は今ひとつ…」といった悪評も聞かれたりしますが、このスティルトンは別格。女王陛下も毎日欠かさずに召し上がっている、という話もあるほどイギリスでは愛されているチーズなのです。

原産国 イギリス 原産地方 レスターシャ

青カビチーズの王様”、ロックフォール AOC

世界三大青カビチーズの一つに数えらるばかりではなく、“青カビチーズの王様”とたたえられているのが、この『ロックフォール AOC』です。「羊飼いが洞窟に置き忘れたチーズに青カビが生えたのが始まり」とも伝えられるフランス最古のチーズでもあります。現在でもその時の洞窟で熟成されたもの以外はロックフォールを名乗ることはできず、しっかりと伝統の製法は守らています。

原産国 フランス 原産地方 ルエルグ地方

青カビの魅力あふれる、フルムダンベール AOC

フランス中部の山岳地帯オーヴェルニュの、良質な牛のミルクから作られる青カビチーズが、この『フルムダンベール AOC』です。かつては現地の岩のくぼみで熟成させていたそうですが、現在では全て工場で作られるようになっています。「高貴なブルーチーズ」と呼ばれ、日本でも人気のある青カビチーズです。

原産国 フランス 原産地方 オーベルニュ地方

ソースとしても活躍、ゴルゴンゾーラ・ピカンテ

世界三大青カビチーズの一つである「ゴルゴンゾーラ」は、北イタリアの同名の村が原産です。ほのかな甘みとなめらかな口あたりが人気で、パスタやドレッシング、ピザなど、さまざまな料理に使われていることでも有名です。このゴルゴンゾーラには、味のタイプが2種類あります。一般的に売られているのは『ドルチェ』と呼ばれるクリーミーなマイルドタイプ、もうひとつは『ピカンテ』と呼ばれる辛口タイプです。お好みに合わせて使い分けてください。

原産国 イタリア 原産地方 ロンバルディア州

リーズナブルで青カビらしい味わい、ダナブルー

フランスの有名な青カビチーズ『ロックフォール』を模して作られたのが、この『ダナブルー』です。あまり知られてはいませんが、チーズ生産の大国であるデンマーク産のチーズです。このため、最初は「ダニッシュ・ロックフォール」という名前で売り出されたこのチーズでしたが、フランスからのクレームがあり、「ダニッシュ・ブルー」に、さらに短縮して現在の『ダナブルー』となったという、いわく付きのチーズです。

原産国 フランス 原産地方 ロワール地方

ワインを引き立てる、ブルードーヴェルニュ AOC

この『ブルードーヴェルニュ AOC』は、あの『ロックフォール』を参考に作られた牛乳製チーズで、フランス中央部のオーヴェルニュ地方で作られている青カビチーズです。濃い青カビの風味が、チーズ本来の旨みにアクセントを加えていて、味わい深いチーズとなっています。

原産国 フランス 原産地方 オーヴェルニュ地方